ネコとにちようび。最強。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月命日【2】
2010年04月17日 (土) | 編集 |
今日は妹の二回目の月命日。

なんだかいまだに実感がなくて、
実家に行っても、足もとうろちょろしてこないのは、
押し入れにもぐりこんで寝ているからかなとか、
おふとんにこんもりと山ができていると、
ここに隠れているんでしょ~とか思っちゃう。

もうそういうことが当たり前になっているんですよね。
体に染み込んでいるというか。

17年という時の長さを感じます。

本日オシゴト日で実家には行けないため、
ネコ缶を送りました。

母が、四十九日までは毎朝晩、
ネコ缶を開けてお皿に盛っていたけれど、
それが過ぎたら缶詰のままにしておいて、
毎月の月命日の日にだけ開けるようにするそう。

妹よ、わたしが送ったまぐろさんのネコ缶も食べてね。

シゴト帰りに、新しいお花も買って来よーっと。
妹に似合う、明るい色のお花にします。

なーんて、元気なフリしていますが、全然まだまだ悲しいです。

感情論だけで書いちゃうと、
妹の病気が発覚したころ、わたしの寿命をなんとかして
妹に分けられないだろうか、などとも思いました。

ネコは1年で4才年を取るから、わたしの10年分の寿命で、
あと2年半は生きてくれるよね?って。
あはは、こんなことブログに書いちゃっていいのかね。

いまだに半分納得しつつも、納得しきれていない自分もいて、
なにかの間違いでした~ってことにならないかなーなんて
思ったりもします。

あー、今日の記事はちょっとぶっちゃけすぎかしらー。
読んでいて悲しい思いをされたかたもいらっしゃるかもしれませんが、
書いている本人はいまごろオシゴト先で必死に若づくりして、
きゃっぴきゃぴ頑張っているハズです(笑)。ご、ごめん。

「うっわー、またおねーちゃん若づくりしてるぅー」
P1030015.jpg

虹の橋にも春は来ているころかな?

人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
家族ですものね。
お気持ちお察し申し上げます。
私は、体の一部を持って行かれたような感覚がいまだにあります。
2010/04/18(日) 08:38:24 | URL | halmay #-[ 編集]
本当ですね
家に行ってしまったら、頭では理解されているでしょうが、感覚的にはお妹様の姿を求めてしまうのは当然だと思います。
こんなに美人さんなのにね。

目にはさやかに見えないかもしれませんが、記念日には姿を見せずとも妹様、一緒に過ごされてると思います。
2010/04/18(日) 22:00:22 | URL | あならいざ #JalddpaA[ 編集]
お返事
halmayさんへ

体の一部…なるほど。わかります。
うまく表現できませんが、このぽっかりした感じ。
なにをもってして埋められるのか、全然わかりません…。

きっとhalmayさんもそうだと思いますが、
なでたときの感触とか、ずっと覚えてますよね??


あならいざさんへ

年を取ってからは、こもって寝てる時間も増えてたので、
どうしてもちょこまかしてないときは「寝てるのね」って
思っちゃうんですよね。
で、「いや、いないの…か?」と思うとますます悲しくなります。

ふふっ、こんなに美人ちゃん美人ちゃんって言われて、
妹もうれしいだろうなー。
2010/04/18(日) 22:59:26 | URL | こつむぎ #SFo5/nok[ 編集]
NO TITLE
5年前に我が家のにゃんこが去った時のことを思い出しました。
父が脱ぎ捨ててあった洋服の塊をにゃんこと見間違えたり、
夜中になんとなく気配を感じたり・・・。
小学校に入る前から約20年一緒に暮らしていたので、
にゃんこが居ないことが不思議で、
現実のことではないような気がしていました。

悲しみは時と共に癒え、
笑いながらにゃんこの思い出話を出来るようになりましたが、
もう会えないってことが未だに不思議というか・・・
何年経っても変わらない何とも言えない感情はずっと残っていて、
気づいたら、居間に飾ってあるにゃんこの写真を
ボーッと見ていることがあります。

いつかまた会いたいものです。
2010/04/19(月) 00:09:41 | URL | ぷぷぷー #iDX8.YKs[ 編集]
NO TITLE
どんなに長い時間が過ぎ去ったとしても彼女を見たり抱きしめたりできなくとも彼女と過ごした日常は私たち夫婦の宝物です。
私たちが彼女を愛する気持を誰も引き裂く事は出来ません。

勿論覚えてますよ。

彼女の全てが大好きです。
2010/04/19(月) 08:35:20 | URL | halmay #-[ 編集]
お返事
ぷぷぷーさんへ

すごくよくわかります。
長い時間一緒にいたからそれがあまりにも当たり前のことすぎて、
いない状態というのが理解できないというか、普通じゃないというか…。

小学校に入る前からずーっと暮らしてきたということで、
ぷぷぷーさんにとって、ごきょうだいと同じだったでしょうね。

ちょっとイヤなことがあったとき、話しを聞いてもらったりしませんでした?
ウチの場合、ふーんって顔されるだけなんですけど(笑)。

あー、わかりすぎて切ないくらいです。

なんともいえない感情というのも、「そうそう」とうなづいてしまいました。
ホント、また会いたいですね。


halmayさんへ

halmayさんからいただくコメントを拝見していると、
いつも、ネコさんへの愛の深さ、温かさを感じます。

ちょっと書きすぎかな?と思うようなことを書いても、
受け止めてくださることも嬉しく思っています。
本当にありがとうございます。

halmayさんのネコさんはキラキラしたところにいるんだろうなー
と、なんとなく想像しています。
妹もそこに行けるといいなー。そこで待っててくれるといいな。
halmayさんのネコさんとキラキラしたところで仲良くして
もらえているといいなーって(ヤバイ、また泣けてきた…)
思っています。
2010/04/19(月) 19:33:32 | URL | こつむぎ #SFo5/nok[ 編集]
NO TITLE
大丈夫ですよ。

全ての愛された者達は、愛した人の元に居てくれます。

こつむぎさん達のところにもね。
2010/04/19(月) 20:19:39 | URL | halmay #-[ 編集]
お返事
halmayさんへ

ありがとうございます~。

近くにいるのかな?って思うと、うれしいです。
ときどき、ムショーに触ってもふもふしたくなりますけど(笑)。
2010/04/21(水) 22:56:57 | URL | こつむぎ #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。