ネコとにちようび。最強。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合同供養祭に行ってきました
2010年03月24日 (水) | 編集 |
※本日長文です。

ここ数カ月、たくさんの皆さまに励まされ、ご心配していただき、
本当にありがたいことだなあ、ブログをやっていてよかったなあと
思っています。

妹のことも。
完全なる家ネコ状態だったため、人見知りが激しく、
こんなにたくさんのかたの目に触れることなど想像もしなかったことです。

それが、ブログを通してこんなに皆さまから温かいお言葉をいただけるなんて…。
本ネコに「皆さまに感謝しなよ~」と言い聞かせたいくらいです(笑)。

こんなに皆さまからいただくばかりで、お返しといったらおこがましいですが、
このブログでなにかお役に立てることはないかと考えてみました。

で、最近のわたしが感じていたこと。
本屋さんに行っても、動物の「悲しい出来事」について書かれた本が少ない。

病気の本とか、物語みたいなものはあっても、
気持ちの整理について、葬儀のことについてなど、
選ぶことができるほどの種類が並んでいないのです。
(そんな中でもとても良い本と巡り合ったので、いずれご紹介させていただきます)

今回、霊園の合同供養祭に行って来たのですが、
そのときも「実際に行った」というひとが周りに非常に少なく、
またそういう場にまだあまり直面したことがない30代のわたしにとって
「どうすれば…」と思うことが多々ありました。

なので本日はそのときのことを書いてみたいと思います。
ちょっとでも参考になったなあ、役に立ったなあと思っていただけたらうれしいです。

我が家がお世話になったお寺は、人はもちろん、ペット霊園が併設されており、
納骨堂もあって、皆さん本当に可愛らしく写真を飾ったり、
お骨袋を手づくりされていたりと、愛情の伝わってくる場になっていました。
(虹の橋の詩も入り口近くに貼ってあります)

春のお彼岸時季ということで、我が家にも案内が届き、
その日に都合のついた、仔豚、こつむぎ弟、そしてわたしの三人が行くことに。

まず迷ったのがお布施。

案内に「参加料5000円」などと書いてあるところもあるそうですが、
こちらのお寺は参加料はないみたい。

以前に母が友人に聞いた話によると(友人のかたが問い合わせたらしい)、
「(お布施は)気持ちで」というような返答だったとか。

しかも別の情報では(こちらのお寺の話ではない、違うところ)
「お布施を持って行った家は、お経で動物の名前をよんでもらう
ことができるらしい」などとも聞き、ますます大混乱。
(ってかお布施ってそういうことなのだろーか…)

何度も行ったことがあるかたは、「なにを悩んでいるのかしらー」と
思われるかもしれませんが、なにせはじめてのことなので勝手がわからず。

まあ、はっきり書いてしまうと、いったいいくら包めば良いのやら?
っちゅーことです。
相場がないものというのはわかっておりますが、
気持ちって…気持ちって。ああー、迷う~っ。

結局は、おとなふたりで一般的なホテルでランチが食べられるくらいに
してみました。

次に持ち物です。

ウチは見送ってから日が浅いので、遺骨は実家にあります。
お骨をできるだけ持ち帰りたくて、大きめの骨壷を選んだこともあり、
こりゃあ写真だけにしましょうということで、
実家に飾ってある写真立てふたつと、ウチにある写真立ての計みっつを
持って行き、ひとりひとつずつ手にするということにしました。

そうこうして無事にお寺に到着。
この日は本堂で行われるとのことで、はじめてそちらへ。

受付でお布施を納め、家族の代表者の名前と妹の名前、
そして動物の種類(犬や猫、鳥など)を記入します。
きっとこれをもとに名前がよばれるのだな~。
だとすると、わたしの名前を書くと妹の苗字が変わってしまうなー
ということで、こつむぎ弟の名前を書くことに。

200人分くらいのイスが用意されていて、わたしたちは中央あたりに座りました。
(すべてのイスは埋まらなかったけれど、たくさんのかたがいらしていました)

時間になって、お経がはじまり、
しばらくしたのち、お焼香台がまわってきて焼香。

お経の中で、先ほど記入した代表者の名前とわんこやにゃんこなどの
名前(○○氏愛犬○○など)がしっかりよばれていました。
もちろん我が家も!この瞬間はとてもうれしい。
(こちらのお寺の場合は、特にお布施云々は関係なかったような気がします。
みんな平等によんでくれたんじゃないかなあ)

この日出席した人たちだけではなく、永代供養の動物さんたちの名前も
順によばれていたので、時間はかなりかかりましたが、
それでもお坊さんの説教も合わせて約1時間20分くらいでした。

ちなみに洋服もひとそれぞれ。
かたっくるしく考えずに行っちゃって正解かも。

納骨堂に納骨されているかたは、お花とかもしかしたらごはんなども
持って行かれたのかもしれませんが、ウチは本当に写真だけ。

でも全然問題なく、あー、行ってよかったなあ~と思いました。

妹も久々の外出でちょっと疲れちゃったかな。

「はふー」
P1000519.jpg

あはは~。
今日はゆっくり休もうね。
コメント
この記事へのコメント
NO TITLE
はじめましてe-466
時々拝見させていただいてました。

合同供養祭ってあるんですね。初めて知りました。
それに、お布施もあるんですかe-441
いくら包めば~って難しいe-443
気持ちって一体いくら??って思ってしまうので
やっぱり目安の金額って知りたいところです。
ホテルランチ代と聞いて、ちょっとスッキリしました。




妹さんの「はふー」の写真が可愛くて
ちょっと笑ってしまいましたe-454
2010/03/27(土) 08:28:22 | URL | こっぺ #-[ 編集]
お返事
こっぺさんへ

はじめまして。
以前から遊びに来てくださっていたとのことで、
ありがとうございます!

わたしも案内が(実家にですが)来なかったら、
供養祭のこととか知らなかったと思うんです。
今回行けて良かったです!

人間用の冠婚葬祭の本などは出ていますが、
動物用ってなかなかないですもんね、本当に難しい。

お布施の額も、もちろん上を見たらキリがないと思うんですが、
ウチはお骨も実家にあるし、ほかの合同供養祭をやられている
ところの参加費などを参考に決めました。

少しでもこっぺさんのお役に立てたならうれしいです。

妹の写真、褒めていただいてありがとうございます!
いたるところで行き倒れてはごろごろしてました。
ゴキゲンさんだと、このあとおなかを見せたまま眠ったり
するんですよね(笑)。
2010/03/27(土) 20:28:56 | URL | こつむぎ #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。