ネコとにちようび。最強。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挑戦!お好み焼き食べ放題
2009年12月27日 (日) | 編集 |
以前お好み焼きの「道とん堀」で満腹になった記事を書きましたが、
そのときのキャンペーンで、食べた金額の半額を金券としていただきました。

1500円分くらいタダになるので、
これは絶対に期限切れにさせるわけにはいかぬ!!!と、
忘れないよう、カレンダーの下部分に貼っておいたのですが、
ポイントなどは使ってしまいたい派のわたし。
この金券も早く使いたい!とハラハラ。

んもう、ガマンも限界じゃああああああ~~!!!

がっちりとその金券を握りしめ、ぶぃぃぃぃーーーんと向かうはもちろん、

「道とん掘」!!!

そう、今日はこの金券を使って、

お好み焼き食べ放題に挑戦だああああああ~~っ!!!

システムは90分間の食べ放題(70分でラストオーダー)。
お好み焼き、もんじゃ焼き合わせて、20種類くらいの食べ放題用メニューより選択。
食べるだけなら1344円。
ソフトドリンク飲み放題を付けると1480円。
↑これにアルコールも付けると1980円。

ただし、女子の場合(平日限定だったかも。あと男性と一緒の女子という
縛りもあったかもしれません)、お値段が、食べるだけなら980円。
ソフトドリンク飲み放題付き1100円、アルコールあり1480円です。

で、我が家はソフトドリンク飲み放題付きを選びました。
(同じグループは同じコースじゃないとダメみたい)

注文は、一気にみっつくださいとかはできないようなので(ひとりひとつ)、
まず90分間で何回転させられるかということを真剣に考える三十路越え夫婦。
(シゴト中より真剣な表情だったかも…。いいのか、それで)

注文する、持って来てもらう、焼く、食べるで一回につき20分はかかるよねぇ。
ってことは、頑張っても四回転が限界じゃない??

ってか、たぶん時間が経つごとに食べるスピードも落ちるだろうから、
四回転行けるかどうか…。

隣の席の女子大生グループが、三回転目でほぼギブアップ
(ひとりの女の子は苦しさのあまり寝転がっていた。
三回目を注文したはいいけれど、とても焼ける状態じゃないという感じ)
しているのを見て、やはり勝負は三回転目以降いけるかどうかだと思う。

よし、決定!!!

こつむぎ家は四回転を目指します!!!

(↑こつむぎ家マニフェスト??)

では、ここからは写真にてお楽しみください。

一回目。
わたし注文「海老アボカドマヨ」。
仔豚注文「ポチーズ」(←なぜ最初からこんな重そうなもの行くか!!)

〈画像ナシ〉

二回目。
ふたりで相談。
以前、まるさんにオススメしていただいた「ソウル」と、
ここらへんでもんじゃはどうかね?と「海鮮塩もんじゃ」。

〈画像ナシ〉

三回目。
「ネギ爆チャーハン」と「とろダク」。

〈画像ナシ〉

「ネギ爆チャーハン」は米です。
焼くとこんな感じ。

〈画像ナシ〉

最初から仔豚に多めに食べてもらってはいましたが、
「とろダク」はわたしはもうほとんど食べられませんでした。
「ネギ爆チャーハン」も少なめに。

この時点で、鉄板の上でじゅうじゅう焼けているお好み焼きを見ているだけで、
胃も気持ちも重~くなってくるのがわかる(笑)。

いったいわたしたちはなにと闘っているのか…。

そうか、四回転目の壁と闘っているのだな!

しかし、ここで仔豚さんと皆さんに残念なお知らせがあります。

三十路オトメは限界です…。

などと言い合っていたところに「ラストオーダーのお時間ですが~」と
挑戦状を叩きつけてくる店員さん(笑)。

うおおおおおおーーーーっ!
この闘い、受けねば、こつむぎ家の名がすたる!!!(?)

「も、もんじゃなら食べられるかも…」

というわけで、四回目。
わたし注文「インドモチーズ」(←これ、ビミョーでした)。
仔豚注文「スナックラーメンもんじゃ」
(↑だ~か~ら~、なぜシメにこんな重そうな…(略))。

〈画像ナシ〉

…う、宇宙の果てが見えた気がします。
かかか、完っ全に!!!

限界です…。

仔豚も辛そうでしたが、わたしは知っている!

このほかに、ドリンクを9杯も飲んでいたことを…。

(ちなみにわたしは2杯)

帰りの仔豚の感想。

「しばらくお好み焼きは見たくない…」。

そして後日判明したこと。

わたしは口の中のいろいろなところを軽くヤケドしていました…。

結論。

四回転はツライ!!!

↓更新の励みになります↓
人気ブログランキングへ

◎お好み焼き道とん堀HP
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。